24時間テレビって現代の見世物小屋みたい

wheelchair-538138_640 (1)

花子です。今日はしょっぱなから過激なタイトルですが、せっかくブログをやってるんだし偏った意見でも思ったことは書いたほうが良いかなと思ってます。不快に思う方がいたらすみません。

花子は24時間テレビがあまり好きではありません。感動を無理やり作り出しているような感じがするし、このテレビを見て感じることはきっと「障害者の人でも頑張ってるんだから自分も頑張らなきゃ」「応援の募金しなきゃ」ということだと思いますが、その中には障害者を下に見ている感覚があるように思います。

昔の見世物小屋のように面白がることは無いまでも、優越感を感じていること(無意識かもしれませんが)は事実だと思います。自分だって性格や運動能力など他人よりかけている部分があるのに・・

まあ、見世物小屋とは違いこのテレビに出ることを家族が了承していてなにか訴えたいことやメリットが有るのでしょうから外野がごちゃごちゃいう必要はないのかもしれません。

ですが、24時間テレビが鼻につかず見ることのできる人が多いことに気持ち悪さを感じます。

花子は、身体障害者の方と多く触れ合う機会がありましたがいい人もいれば嫌な人もいました。障害者といってもただの人間です。特別視して接する必要はないと思います。

本当に対等な差別のない世の中にしたいなら障害者の人に対しても嫌な人にはきらいといえるようにならなければいけないと思います。必要なことを手助けすることはもちろん必要ですが、障害者だからということで必要以上の優しさで接する必要はないのです。

逆にその優しさによって、優しくされて当然と権利意識が肥大した嫌な障害者もいました。障害とは全く関係のないところでもやってもらって当然みたいになっていました。

障害の期間が長い人ほどそういった傾向が見られたため、やはり周りの接し方によって意識が変わっていくのかなと感じました。

まあ、人それぞれですので障害者とひとくくりでレッテルを貼り語ることのバカらしさは理解しています。ただ、障害者が特別視されることのない世の中が来ることを祈っています。

なにかご意見があれば是非コメントをお願いします。反対の意見だからといって載せないなんてことはしません。ぜひご意見お待ちしております。

======================================
実はこのサイトは番外編、本サイトはこちら ↓
主婦を楽しむ節約生活。 | 節約術と家事術で主婦生活を楽しくする!
主婦目線での節約術やキャンプ情報、東海地方の遊び場などを紹介してます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>